田中研究室 >

フラグメント分子軌道法による生体分子計算システムの開発

[ トップ | 研究課題概要 | 研究メンバー | 業績リスト ]

更新日: 2005/04/25

研究課題概要

[図] FMO法の研究開発

本研究プロジェクトでは、巨大分子の電子状態を非経験的に計算する効率的な手法であるフラグメント分子軌道法のプログラムABINIT-MPを基に、金属を含んだ酸素反応や光励起反応も扱えるように機能を拡張し、汎用の第一原理生体分子シミュレーションシステムを開発します。
これにより、中規模のPCクラスターでも溶液中の蛋白質や核酸に関する現実的な生体化学反応の分子シミュレーションが可能となり、生体の機能解明や創薬等に大きく寄与すると期待されます。


田中研究室 > フラグメント分子軌道法による生体分子計算システムの開発 > 研究課題概要